静岡県浜松市で、ケアハウス、地域密着型小規模特養、特別養護老人ホームのサービスをご提供致します。

文字サイズ

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホーム > 新着情報 > 白梅福祉会 > 2019年度 第1回 中堅研修

新着情報

2019年度 第1回 中堅研修 2019年08月13日

2019年度、中堅研修がスタートしました

7月、11月と年2回シリーズです

20190724_01.jpg

第1回 中堅研修を白梅豊岡ケアホームで行いました。

白梅会グループの各事業所から、様々な職種が集い10名の参加となりました。

20190724_02.jpg

中堅職員同士の親睦目的にアイスブレイキングを行います。

「絵による伝達競争」

2チームに分かれカードの問題(動物、建物、食物など)をメンバーに絵で伝えていきます。

グループ内は白熱の様相を呈しています。

20190724_03.jpg

20190724_04.jpg

各自がメンバーに伝達した絵を手に。

個々人の才能が発揮され知恵とアイデアと工夫が一杯!

午前中の講義「中堅の役割について」では、職場の中堅ってどんな立場なのかをイメージ化し、コミュニケーションの必要性を学びました。真剣なまなざし、空気感が違います。

20190724_05.jpg

引き続き、演習「コミュニケーション」

20190724_06.jpg

3つのグループに分かれ

「聞く」「話す」「観察」の役割に分かれ演習を行いました

テーマは

・私の一番大切なもの

・私の長所

・私にとって、理想の上司

演習を通して、「聴くことは、受け身的ではなく積極的な態度や姿勢が大切である」ということがわかりました

午後からは「問題と課題について」講義です

問題発見から解決までの基本的なプロセスを学びます

「上手くはまる解決策は、的確な問題設定から」

20190724_07.jpg

その後、グループワークを行いました

事前に準備した自己課題を発表、様々な発言が飛び交います

20190724_08.jpg

新たな気づき、発見もあり課題解決の糸口が見えました!!

 

これから4か月間、課題解決に向けた取り組みを行います

11月、課題をどのように解決したか、その成果を発表します

 

【研修後の受講者の声】

・中堅の役割、特にコミュニケーションの重要性がわかった

・多職種の方からアドバイスや話を聞くことができ、参考になった

・あるべき姿が具体的であること、現状を把握し分析することで、問題が明確に

 なってくる事がわかった

<<一覧へ戻る

Copyright © Shiraumekai All Rights Reserved.